読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gmailの添付ファイル容量

Google Apps

Gmailの添付ファイルの容量は、25MBのようです。

Google Apps 無償版の最大ユーザ数

Google Apps

 今現在、GoogleAppsの無料版を使って独自ドメインでのメールを使っているが、5月から無料版のユーザ数が激減(9ユーザまで)になってしました。
 仕事の提案としてGoolgeApps無料版を提案してきたが、9ユーザまで(10ユーザからは有料)となってしまうと、そう簡単には提案できなくなってしまった。
※なお、以前から使っている場合には、その当時の制限とのことで、ほっと一息!!

Google AppsアカウントでGoogleサービス

Google Apps

家族で使っている、GoogleAppsですが、いままで取得したアカウント(独自ドメイン)で他のGoogleサービスが使えず、とても不便でした。別途Googleアカウントをとって、使いたいサービスのとき、わざわざログインをしなおすことをしていました。しかもiGoogleも..
それが、なんと先日Google Appsので60以上のGoogleサービスが使えるようになった連絡がありました!! もう、サイコーー!!

 早速、Google Appsの管理画面から設定変更(すみません、うれしくて画面等取るのを忘れました..)し、その後PicasaiGoogleYouTubeからほとんど全てのサービスをGoogle Appsから使えるようになりました。iGoogleにはカレンダーやリーダーを貼り付け、TODOリストやら、設定して。(※iGoogleで、アカウントを確認しろとうるさいメッセージは、即刻表示しないようにしました。)

 でも、いままで別途Googleアカウントで使っていたサービスのデータ移行が大変で。これって、簡単にできる方法無いですかね?

GoogleパックのGoogle Apps

Google Apps

 Googleパックて提供されている、Google Appsをインストールしてみた。メール/カレンダー/ドキュメントと問題なくログインができて、簡単に使えた。ところが、Google Apps独自ドメインでのログインができない。
 ディスクトップにある、ショートカットのプロパティをみると、googleapps.exeにパラメーターが設定されている

"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --mail.google.com
"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --calendar.google.com
"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --docs.google.com

なるほど、これで、メールとかカレンダー、ドキュメントを切り替えているのか!
でも、Google Appsのアカウントログインをできるようにするには??

 いくら調べてわからないので、もう一台のパソコンをGoogle Appsのアカウントでログインした状態で、Google Appsをインストールしてみた。今度は、Google Appsのアカウントで無事ログインができるようになった。その時の、プロパティーをみると

"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --domain=ドメイン --mail.google.com
"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --domain=ドメイン --calendar.google.com
"C:\Program Files\Google\Google Apps\googleapps.exe" --domain=ドメイン --docs.google.com
※ドメインは、Google Appsで使っているドメインを指定

となっていた!! これですっきり。Google Appsのアカウントでログインしたい場合は、パラメーターに
--domain=ドメイン
を追加すれば、ログインができるようになる。

GoogleAppsのGmailをOutlookExpressで送受信

Google Apps

 いつも、Gmailでメールを受信や送信の際、ブラウザーで開くのはとても面倒。でも、Gmailは、通常のメールソフトでの送受信が可能です。Gmailでは、POPとIMAP両方が可能です。

  1. Gmail側の設定
  • メール転送とPOP/IMAP設定を行う(POPダウンロード)

 1.ステータス:全てのメールでPOPを有効にする
 2.POPでメールにアクセスする場合:Gmailのコピーを受信トレイに残すorGmailのコピーを既読にする

  • メール転送とPOP/IMAP設定を行う(IMAPアクセス)

 1.ステータス:IMAPを有効にする

  • メールクライアントの設定(POP)

 パスワード:Gmailパスワード
 ユーザー名:Gmailのメールアドレス
 セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする:OFF
 受信メール サーバー (POP3):pop.gmail.com
 送信メール サーバー (SMTP):smtp.gmail.com
 送信サーバー (SMTP) は認証が必要:ON
 受信メール サーバーと同じ設定を使用する:ON
 受信サーバー (POP3):995 このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要:ON
 送信サーバー (SMTP):465 このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要:ON
 サーバーのタイムアウト:5分
 サーバーにメッセージのコピーを置く:OFF

  • メールクライアントの設定(IMAP

 パスワード:Gmailパスワード
 ユーザー名:Gmailのメールアドレス
 受信メール (POP3IMAP または HTTP) サーバー:imap.gmail.com
 送信メール (SMTP) サーバー:smtp.gmail.com
 送信メール (SMTP) で、[このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要:ON
 465送信メール (SMTP):465
 受信メール (IMAP)] で、[このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要:ON
 ポート番号が "993"

以上

Google Appsのロゴの変更

Google Apps

 GoogleApps上では、カレンダーやメールの左上にある、ロゴが変更可能である。ただし、ロゴ作成にはGoogleでいくつかのポリシーがあるために、それを守る必要がある。

  • サイズ:143×59 ピクセル以下
  • Google 商標用語をロゴに含めることはダメ
  • 「Powered by Google」はOK
  • カスタマイズしたログイン ページ、ウェブサイト、ロゴに Google ロゴや Gmail ロゴなどの Google ロゴを使用してはダメ

で、設定場所は

である

Google Apps で作成したサイトのSEO対策

Google Apps

 Google Apps上でサイトが大分出来てきたために、SEO対策をはじめた。まず、Google Apps上でどこまでできるか?
1.Google ウェブマスターツールへの登録
 ・Google ウェブマスターツールからサイトのURL(独自ドメイン)を設定する
 ・サイト確認用のコードを取得し、そのmetaタグとして、Google Apps上のサイト管理画面の、サイト設定→全般に登録する
 ・サイトマップを登録します。”system/feeds/sitemap”をして登録する
2.Google Analyticsの登録
 ・Google Analyticsにサイトを登録する
 ・AnalyticsウェブプロパティID(UA-XXXXX)をGooel Apps上のサイトの設定画面に登録する

これで、一旦終了。あとは、Google Appsのサイトの管理画面で

  • サイト名
  • サイトの説明

をしっかり記述します。

追伸:翌日ウェブマスターツールでサイトの状態を確認しました。ところが、まったくインデックスされていない。確認したところ、robots.txtが下記にように設定されており、まったく検索されないようになっていた。(そだよな。無料ですから...)

User-agent: *
Disallow: