読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Live Hotmail で迷惑メールに振り分けられる

以前、私が管理しているメールサーバからYahoo!メールに送信すると、迷惑メールに振り分けられ、Yahooに対応してもらったことを書いた。他、主要なフリーメールを確認したところ、Windows Live Hotmailが迷惑メールフォルダーに振り分けられてしまった。
まずは、Windows Live HostmailのFAQサイトを探しだし、確認方法や注意する点をWindows Live Hotmail Postmaster ガイドラインで確認した。内容は、ほとんどYahoo!メールと同じく、SPFレコードの公開やらSPAMサイトに登録されていないやら。でも、メールサーバが問題ないことは、Yahoo!メールで実証済みなので、あとは、IPアドレスをフィルターから場外してもらうだけである。でも、その前に上記サイトに実際のメールが問題ないのか、確認する方法があった。

SPF レコードを DNS に公開したら、Microsoft に電子メールでお知らせください。お知らせいただいた SPF レコードは自動的に SIDF キャッシュに追加されます。メッセージの本文にドメイン名 (たとえば mydomain.com) を記載した電子メールを senderid@microsoft.com 宛てに送信してください。複数のドメイン名をお知らせいただく場合、各ドメイン名の間は改行してください。

結果、よく分からんがメールが帰ってきた。

で、どのようにしてIPを解除するから説明が無く、結局Windows Live Hotmail Domain サポートにフォームからフィルターから削除してもらうように依頼した。メールの内容は、Yahoo!メールの時とほとんど同じ。でも期待はしていなかった。2日たってなんと連絡があった。

Windows Live Hotmail Domain サポートへお問い合わせいただき誠にありがとうございます。

この度は、Hotmail への配信におきまして、ご不便をおかけいたしておりますことにお詫び申し上げます。 

お知らせいただきました IP アドレスからのHotmail ユーザー様宛へのメールが受信トレイに着信せず、迷惑メールフォルダに配信される状況につきまして、緩和処置を実施させていただきましたことをご報告申し上げます。
お客様のシステムへ完全に反映されますまで、24-48 時間程度要しますことを予めご了承くださいませ。
Hotmail および Windows Live Mail ではメッセージ評価のみならず、ドメイン評価など、さまざまな評価基準の電子メールメッセージを処理するためのルールが規定されております。
迷惑メールフォルダへの配信につきまして、即解決の一手段をご提示できず恐縮でございます。
今後も同じ状況が再発する可能性もございますので、少々長文のご案内となり誠に恐れ入りますが、以下、ご確認いただけますと幸いに存じます。
■ 迷惑メール対策のしくみ
外部ユーザーが Hotmail アカウントに電子メールを送信されますと、Smart Screen フィルタ  (*1) テクノロジはメッセージの内容を評価し、メッセージが迷惑メールである確率に基づいて評価を割り当てます。
評価が「しきい値」より高い場合、電子メールは受信トレイではなくHotmail ユーザーの迷惑メールフォルダに配信されます。
誠に申し訳ございませんが、迷惑メールへの対策上、規制要因、フィルタリング基準の詳細につきましては、ご案内を控えさせていただいておりますこと何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 
一般的なフィルタ概要につきましては以下ご参考になれば、誠に幸いでございます。
■ 解説 (*1)  Smart Screen フィルタシステムとは
SmartScreen テクノロジ は自動学習機能であり、膨大な数の Hotmail ユーザーの報告協力より得た、迷惑メールの広範な情報を使用して特徴を分析、新しく迷惑メールを検知するルール、阻止条件を定義します。
Hotmail ユーザーからの報告は現在も続けられおり、迷惑メールの「最近の動向や特性」に関する、日々更新される自動化された独自のフィルタとなります。
弊社といたしましても、システムを悪用するユーザーへの規制が、 逆に、適切にご利用いただいておりますお客様に、ご不便をおかけしている面についても認識しております。
お客様のご心中お察し申し上げますが、迷惑メールの防止は、1 つの企業や団体だけで実現できるものではないと考えており、迷惑メール防止に向け、今後ともご理解とご協力のお力添えを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
【 迷惑メールである確率評価を下げる対策につきまして 】
弊社担当部署からの報告によりますと、IP アドレスやメッセージの評価を改善するための有効案として、以下確認推進依頼が合わせてございました。
Microsoft では、信頼性と安全性が非常に高い Web サービスを皆様にご提供したいと考えております。
そのため、さまざまなポリシーの作成や対策を行い、業界における数々のベストプラクティスを導入して、お客様を迷惑行為から保護するために努めております。
以下サイトのご確認、およびご検討いただけますと誠に幸いに存じます。 
■ Windows Live Hotmail Postmaster ガイドライン  (基本情報)
  http://postmaster.live.com/Guidelines.aspx
  <メリット>
 ・Hotmail 宛ての配信に関連したあらゆる疑問を最初に解決するサービス
 ・Microsoft が採用した迷惑メール処理機能と認証テクノロジの情報
  <概要>
  Windows Live Hotmail ユーザー宛ての配信に関する、
  ポリシーと解決方法についてご紹介しております。
■ Sender Score Certified Mail Program  (認証と信用)
  http://www.senderscorecertified.com/
  <メリット>
 ・セーフリストの差出人に使用されるサードパーティの認定/評判サービス
  <概要>
  適正な方法で購読を申し込んだ電子メールであっても、何らかの理由により配信されなかったり、迷惑メール処理機能によって迷惑メールフォルダに振り分けられるなどの「誤検出」が起きることがあります。
  Sender Score Certified プログラムは、過去の送信状況と、同社が定める電子メール送信の基準を遵守していることに基づいて、
  適正な電子メール送信者であることを識別します。現在、本サービスは、英語のみのご提供となります。
■ 迷惑メールレポートパートナープログラム  (ユーザーのフィードバック)
  http://postmaster.live.com/Services.aspx#JMRPP
  参加要求フォーム 
  https://support.msn.com/eform.aspx?productKey=edfsjmrpp&ct=eformts
  <メリット>
 ・ユーザーのフィードバックを電子メール送信者に提供する無料のサービス
 ・メールマガジンの宛先が登録されている配布リストを整理し、電子メールの内容を向上させる機会を送信者に提供
  <概要>
  メールマガジンなどを配信するための配布リストから不要なアドレスを削除するのに役立つ無料の送信者向けプログラムです。
  このプログラムの目的は、配布リストを整理することで、受信側は必要と思う電子メールだけを受信できるようになり、
  送信側は配信に関する苦情も大幅に減少できるようになります。
  迷惑メールの報告数を減少させ、今後のメール配信を希望しないアドレスを速やかに配布リストから削除することで、送信者側においてメールマガジンなどの電子メールを配信する際の手順などに変化をもたらすことができます。
■ Smart Network Data Services  (ユーザーのフィードバック)
  https://postmaster.live.com/snds/index.aspx 
  <メリット>
 ・ユーザーによる受信メールの評価を提供する無料のサービス
 ・ネットワークを使用する迷惑メール送信者を排除
 ・電子メールに関する苦情件数を参照することによる配信率の向上
  <概要>
  Windows Live Hotmail に送信された IP アドレス空間から得られるメール送信データを、送信者と ISP に提供する無料のサービスです。
  このサービスは、ユーザーを迷惑行為から保護するだけでなく、電子メール通信における信頼性の減少傾向を覆すために開発されました。現在、本サービスは、英語のみのご提供となります。
なお、上記トラブルシューティングステップは推薦となり、メール配信を保証するものではないことを、何卒ご了承お願い申し上げます。
また、すでにご確認済みの場合は、大変恐縮でございますが、以下「迷惑メールを防止するための基本的な項目」を皆様にまずご案内させていただいております。
ご一読いただけますと誠に幸いに存じます。
1. ご友人への紹介などのマーケティングメールは、IP アドレスが送信元と異なるケースが多く、迷惑メールとして判断されることがございます。
2. キャンペーンメールとニュースレターを別アドレスで登録申し込みしている場合などは、既に存在しないアドレスへ送付するケースも多くなります。
3. ISP (インターネット サービス プロバイダ) 様へ合わせて、可能な原因(新しいデータ送信、付帯広告が開始された、など)
  傾向のご確認をお願い申し上げます。
4. ユーザ様が御社サービスからのメールを要求されていることなど、定期的なご確認をお願い申し上げます。
5. 苦情に関するデータ集計がございましたら、分析をお願い申し上げます。
6. メール受け取りを不要とされておりますユーザ様のアドレスを配信リストより適宜削除をお願い申し上げます。
7.3rd party ブロックリストにて対象とされていないか、以下サイトで確認も可能でございます。   http://www.senderbase.org
http://openrbl.org 
また、迷惑メールフォルダに振り分けられる状況に関しまして、 誠に恐れ入りますが、受信者様に送信元メールアドレスをHotmail オプション機能「セーフリスト」または「アドレス帳」に登録のご案内もご検討いただけますと幸いでございます。
■ Hotmail の迷惑メール処理機能
迷惑メール対策フィルタリングテクノロジのほかに、Windows Live Hotmail 各ユーザーが迷惑メール処理レベルを設定、個々のアカウントごとに迷惑メールの振り分け方を調整できるようになっております。
ユーザーは、差出人やドメイン名を [受信許可リスト] に追加して、その差出人やドメインからの電子メールがメッセージの内容に関係なく迷惑メールとして処理されないよう指定できます。
また、アドレス帳とセーフリスト内の差出人からのメッセージだけを受け取るよう設定し、メッセージの受信を完全に制御することができます。 
■ Hotmail ユーザーの受信許可リスト(セーフリスト)設定方法 
1. Windows Live Hotmail にアクセスします。
2. 画面右上の [オプション] をクリックします。
  ※オプションメニューより [詳細オプション] の表示がある場合は、
   [詳細オプション] をクリック後、以下の手順をご確認ください。
3. [迷惑メール] の項目にて [差出人セーフリストと受信拒否リスト] を
  クリックします。
4. [差出人セーフリスト] をクリックします。
5. 受信を許可する差出人のアドレスまたはドメインを入力し 
 [リストに追加] をクリックします。

ご案内が長文となりましたが、最後までご確認いただきありがとうございました。
上記内容について、ご不明点などございましたらご遠慮なくお知らせください。
なお、ご連絡いただく際は、本メールの件名はそのままでご返信ください。
この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございました。
Windows Live Hotmail Domain サポート担当

 すごい。Windows Live Hotmailも削除してくれるとのこと。でも、1日たっても、2日たってもまだだめ。ようやく3日後に正常に受信トレイにいくようになった!!
 すごいぞWindows Live!! ありがとうサポート!! 親切な回答ありがとう担当者!!