読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ColdFusionの開発環境

 前回、デバック環境として”Eclipse”のインストールを行ったが、実環境により近づけるために、WEB及びDB環境も設定した。PC上で間単にできるように、以前から開発環境に用いている、”XAMPP”をインストールした。
 X : Windows
 A : Apache
 M : MySQL
 P : PHP
 P : Perl
※よく知られているのが、LAMPLinux&ApacheMySQLPHP)もしくは、SAMP(Solaris&後同じ)

 早速XAMPPのダウンロードを行う。現時点での最新バージョンは、1.7.2である。ダウンロードサイトからファイルをダウンロードする。今回は、WEB(Apache)とDB(MySQL)があれば良いのでXAMPP Lite版でインストールをする。入手ファイル:xampplite-win32-1.7.2.exe※インストール形式が楽。さくっと簡単にインストールして動作確認をする”URL http://localhost/ 日本語選択”

 後は、MySQL上のColdFusionで使用するユーザーとデータベースを作成する。
 【例】
  ユーザー cold
  パスワード ********
  データベース cold

 これで一旦終了。(設定ファイル、httpd.confやmy.iniは良きに)