読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

404エラーページのErrorDocumentの記述の方法

 ホームページのリニューアルする際、どうしてもディレクトリー構成やファイル名が変わってしまいます。(当然検索エンジンには、古いページが登録され、検索結果として、404エラーが発生する)
 それを回避する方法として、ApacheのErrorDocumentを設定すればいい。書き方は、Apacheの設定ファイルに直接記述してもいいし、ホスティングサービスを利用して、.htaccessが使える環境であれば、.htaccessに記述すればよい。

ErrorDocument 404 /404error.html

 404error.htmlには、相対パスで画像とかリンク先を書いていたため、階層のディレクトリーで404が発生すると、画像が出なかったり、リンク先に飛べなかったりした。そこで、URLから記述した。本当にこれで良いか不安になった。
※これは、リダイレクトしているのと同じで、戻るボタンで戻ったときや、再度打ち直し場合等ユーザからみても不便である。

ErrorDocument 404 http://www.xxx.com/404error.html

 で、当初の設定方法に戻し、404error.html内の画像やリンク先を絶対パスから記述した。