読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ClamAVのバージョンアップ

 以前、qmailで構築している環境で急にメールが送信できない記事をアップし、緊急対応として、ClamAVのチェックを一時止めた。(止め方は、simscanの設定によって)急にメールが送信できない情報をその後いくつか拝見しました。
 一時しのぎでClamAVをのチェックを止め(simscanの設定で)たが、やはりサービスとしてこのままウィルスチェック無というわけはいかず、ClamAVのバージョンアップをすることに決めた。
 問題となったClamAVのバージョンは0.94であり、それを最新の0.96にバージョンアップした。手順としては色々なサイトで細かく説明しているので、大まかに。

  1. ClamAVのライブラリーをバックアップ(/usr/lib/libclam*をrenameする)
  2. 構築してある環境では、ClamAV用のsrpmを提供しているのでそれをインストール
  3. SPECファイルを用いて、rpmバイナリーパッケージを作成
  4. ClamAVを停止(プロセスは立ち上げてあるが、simscanで無効にしてあるため、メールサービスには影響無)
  5. ClamAVをアンインストール (rpm -e clam*******)
  6. ClamAVをインストール(rpm -ivh clam*******)
  7. ClamAVのコンフィグファイルを見直し(チェック間隔600(10分)を変更)
  8. ClamAVを起動
  9. パターンファイルを更新
  10. simscanでのバージョンファイルを作成
  11. simsacnでウィルスチェックを有効

qmailの環境は、simscanを使っているので、合わせてsimscanのバージョンアップや設定をしておく。