読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年のスイカの出来

 高価なスイカの苗を購入して、家庭菜園でおいしいスイカをめざして栽培するが、いつも失敗。地面に接している部分が、黄色く腐ってきたり、玉が大きくならなかったり、カラスにやられたり。出来が悪く、いつも子供のスイカ割りの餌食になっていた。
 ところが、今年は違う。小玉スイカの苗1つに3個でき、全て水分ぎっしり、甘みもそこそこで、苗代の元を取った。普通のスイカも苗2つを育てたが、なんと4個(各苗2個ずつ)の中玉ができた。しかも、売っているスイカと比べても引けをとらないできであった。
 理由は、私が住んでいる近くの有名なブランドスイカ=下原スイカを村山農園さんから購入している。そのサイトにブログがあり、簡単な作業が載っており、それをまねして作業してみた。ツルを剪定したり、雄花と雌花を手で受粉させたり、出来が悪そうな玉は思い切って捨てたり。暑い日に玉回し(地面に接した部分を日に当たるように)たり、発泡スチロールで地面の設置部分が無いように、可愛がってスイカを育てた。(作業が分からないところは、本屋で立ち読み。)
 その甲斐があって、とても出来の良いスイカとなりました。子供も2週間ほぼ毎日スイカを食していた。

 情報によると、今年のスイカの出来は大変良いとのこと。下原スイカも例年以上に甘く、大きく、しかもこの暑さでとても売れているようです。お盆前になくならないよう昨年も購入した村山農園の下原スイカを注文しよっと。