読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LinkStationの復旧方法

 バッファローのLinkStationが故障し、ファイルが取り出せなくなった場合、HDDを丸裸にしIDE ATAとUSBを変換する装置(大判振舞 使用)とLinux KNOPPIXを利用してファイルを取り出す方法です。
 尚、KNOPPIXは、ファイルシステムにXFSを利用しているため、LinkStationのHDDをマウントすることができる。
 ただし、日本語ファイル名が化ける。そのため、単なるファイルコピーだとファイル名が化けた状態のため、FTP経由もしくはSSH(SFTP)経由でコピーすることになる。

FTP クラインとして】
 WindowsFTPサーバを構築して、knoppix側のncftpからコピー(put)する
 −−ディレクトリーを含んだputのパラメータは、”put -R *”となる−−

FTP サーバとして】
 knoppix側でFTPサーバを起動し、WindowsからFTPでコピー(get)する
 −−knoppix(LCAT)では、FTPサーバ設定が難しく、断念−−

SSH
 knoppix側でSSHを起動して、WindowsWinSCP経由でコピーする
 −−knoppix(LCAT)でのSSHの設定方法−−
   メニュー −[KNOPPIX]−[Services]−[Start SSH Server]

一番楽なのが、SSH経由でのコピー。ただし、時間がかかる。

追伸:LinkStationでMacで共有していた場合、.AppeDoubleがコピーできない。その場合、スキップする。